神奈川県横浜市 美容外科 しばた形成外科・内科

HOME >  インフォメーション  > ドクターコラム

しばた形成外科・内科 ドクターコラム

形成外科と美容外科

「形成外科」とは?

医学の進歩に伴い専門性の高い診療科目ができてきましたが、その一つが形成外科です。整形外科と混同されることがありますが、整形外科は骨や関節や筋肉などのケガと病気を扱う科です。一方、形成外科はかたちをきれいに元にもどす(再建する)ことを行う科です。再建外科と表現する場合もあります。顔面が主ですが、頭から体幹(胸・おなか・背中)や手足先まで体全身の体表面の外傷、変形、奇形、腫瘍(できもの)を診ます。 具体的には次に示すような病気やケガが対象です。

①外傷(切りキズ、すりキズ、顔面骨の骨折、手指の骨折、やけど、など)
 ケガのキズアトができるだけ残らないよう目立たないように処置、縫合をします。出来てしまったキズアトを目立たないように修正するのも形成外科が専門です。

②先天異常
 生まれつきの体表部分の形態の異常に対処します。副耳や立ち耳などの耳介の変形・奇形、顔面や手指の変形・奇形、でべそなどのお臍の変形などを治療します。

③腫瘍
 皮膚や皮下の腫瘍(できもの)の切除・摘出するのに、その手術瘢痕(キズアト)が最小限となるようにします。また、切除手術後に生じた変形や欠損の改善も行います。皮膚移植や組織移植を行う場合もあります。

④その他
 眼瞼下垂、逆さまつげ、陥入爪(巻き爪変形)陥没乳頭などの治療・手術をします。

「美容外科」

 形成外科は、変形やキズアトを戻す再建外科と美容外科に分かれます。美容外科はより美しくなるための治療を行う科で、形成外科の技術が基本となります。美容医療は日々進歩を遂げている先進医療です。美容に関する医療は、基本的には病気ではないため保険診療は適応されません。全て自費診療となります。

美容外科で行う治療は次に挙げる通り様々です。
(手術以外の治療)
ケミカルピーリングはニキビ、肌荒れ、小じわの改善目的に行います。
しみ、ソバカス、小じわには光治療・フォトが有用です。
 医療脱毛、ボトックス注射、コラーゲン注入、ヒアルロン酸注入なども行います。

(手術による治療)
 首~頬、上下まぶたのしわ、たるみとりの手術。
 二重まぶたや目頭切開などの目の形成術。
隆鼻術などの鼻の形成手術。
ワキガ多汗症の手術。
その他、身体各所のあらゆる悩みに対する様々な治療法があります。

 いまは、キズは単に治ればよいという時代ではありません。きれいに早く治すという意識が高まっています。そして、更に美しくという要求も加わってきています。それらに応えるのが形成外科・美容外科です。

記事の詳細を記述します。

  • たまプラーザ院

    電話番号045-905-5711

    診療受付時間

    10:00~12:30 14:00~18:00

    休診日

    日曜・祝日

    アクセス

    東急田園都市線
    「たまプラーザ駅」徒歩3分
    横浜市青葉区美しが丘2-18-14
    プラーナ美しが丘1Fマップ

    メールアドレス

    info@shibata-clinic.com